html5,CSS3を見据えたコーディング

表現力が向上する新基準でのhtml作りを心がけます。

ホームページの技術は今なおどんどん進化しています。
ですが、見出しにある「html5」「css3」など、正直なところ、お客様にはほとんど関係ありません。
これを意識し、制作しなければならないのは私たちの方なのです。
次世代の「html5」「css3」は、現行のバージョン「html4」「css2」と比べるとデザイン、機能の表現力に大きな差が生じます。
表現だけで見れば可能な部分も多くありますが、読み込みの速度、ホームページをご覧になる方の使いやすさなどに変化が生じます。
それらを含めた多くの問題を解消し、よりスムーズに情報をとどけられるように進化する、「html5」と「css3」を見据えたhtml作りを心がけております。

様々なブラウザに対応

現在ホームページを閲覧するために様々なブラウザが使われています。
Internet Explorerをはじめとする各種ブラウザは、それぞれの解釈の違いから、デザインの崩れやバグを多く引き起こしてしまいます。
私たちは、ブラウザ間の解釈の差を閲覧者のストレスとしないコーディングを心がけております。

最新の技術と各種ブラウザへの対応。
相反する技術の開発にチャレンジを続けています。

AJAXやFLASHの有効な導入

効果的な箇所に必要最低限のみの技術を使用し、過度なコストアップを極力抑えるよう心がけています。
AJAXやFLASH、MicrosoftのSilverlightなどの技術の使用箇所は、「情報をコンパクトに、スピーディに表示するため」につきると考えます。

必要な箇所ではアニメーションを用い、無駄なページの移動が発生しないご提案を心がけます。

自動お見積もりはこちら
山梨の湯
ちょこっと覚え書き ちょこっと覚え書き
レンタルサーバーの比較評価はこちら >