五感に訴えかける方法のひとつ「音楽」

視覚とは別の表現方法「聴覚」へのアプローチ

耳に入った瞬間に口ずさめる、ふとした時になんだか頭の中を流れている、そんな音楽の可能性を追求します。
日常にあふれる音の中に入ると、ただボリュームあげるだけでは人の耳には入っていきません。
さらに楽曲で伝わるメロディを作っても、なかなか人の印象には残らないのです。

その音が流れる環境を考慮し、私たちはさらにそこから伝わる方法を模索します。

広告音楽はださくてもいい。新鮮なメロディとリフレイン。

音とのふれあいは、デザインのそれよりさらに一瞬の出来事です。
私たちは単純ながら、リフレイン(繰り返し)での効果がより大きく得られるよう、音作りに考慮します。
そのためにはとにかくかっこよさは追求しません。
なんどもなんども聞いていただき、フレーズを浸透させることに注力します。

イベント音響でのPA、環境に応じた音作り

私たちは各種イベントでの楽曲提供も行っております。舞台のための楽曲アレンジをはじめ、各種イベント、舞台等での音響PA業務についても、株式会社ビーフリーとの業務提携によりスムーズな進行を可能にしております。
その空間の湿度、温度、サイズなど、様々な要因によって音の出し方、作り方は大きく変動します。
その中でも最高の音を提供できるよう、経験豊富な専門のスタッフが状況に応じた制作を行います。

ご制作に関するお問い合せはこちら
山梨の湯
ちょこっと覚え書き ちょこっと覚え書き
レンタルサーバーの比較評価はこちら >